断舎離

断捨離を始めました 断捨離
スポンサーリンク

突然ですが、私最近断捨離始めました。

断捨離を始めました

私の断捨離について少し書いてみようと思います。

スポンサーリンク

断捨離とは

断捨離というと「物を捨てること」と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

正しくは、

断:入ってくるいらない物を断つ

捨:家にずっとあるいらない物を捨てる

離:物への執着から離れる

ということなんだそうです 😯 

断捨離は難しい

私、物欲モンスターなので「断・捨・離」をコンプリートするのは非常に困難そうです 😟

そこでまずは比較的取り掛かりやすい「捨」から始めます😅

 

はい…問題が一つ…

実は私、物凄い貧乏性なんです😅

まだ使用できる状態のものを捨てることができないんです。

そこで何とか捨てずに物を減らすことはできないかと色々考えました。

①欲しい人にあげる

これは一番スタンダードな方法ですね😀
私は一番最初にこの方法を選ぶことが多いです。
誰かに物ををあげる時に一番気をつけなければならないのが、不用品の押しつけにならないようにすることです。
まずは自分がもらって嬉しいと感じる以上のコンディションのものでないと相手の方は迷惑するでしょう。
自分がお下がりをもらった時に感じたのは「ダサいもの・汚れたものはいらない😡!!」ということです。
子どもの服を頂いたのですが、趣味の全く合わない変なキャラクターのいるTシャツ・穴やシミのあるボトムス…
私の場合は相手の方との関係を壊さないために受け取りましたが、不用品を押し付けられた感覚になりました。
そうでなくても物を捨てることへのハードルが高いので正直迷惑…(小声)でした。
この時のお洋服はリサイクルに出しました。

②寄付

この方法ですと、どうしてもお金がかかってしまいます。
ですが、自分にとっては不要な物でも誰かにとっては必要な物だったりすることがあります。
自分にとっての不用品で誰かを助けられるならと思いいくつかの団体に寄付をしました。

①途上国への支援物資として
衣類に限らず、いつの間にか増えているボールペンやクリアファイル等の文房具、食器、オモチャ等も喜ばれるようです。
寄付をするあたり現地までの送料を負担しなくてはいけないこともありお金はかかりますが、誰かに喜んでもらえるのはとても嬉しいです。

②保護犬施設への支援物資として
うちのワンコは過去に数回突然お食事が体に合わなくなり体調を崩しました。
その度に開封済やストックのお食事がもったいないほど余りました。
調べて行くと、保護犬施設がたくさんあって足りないのはドッグフードだけでないことを知りました。
多少の消費期限が切れたオヤツや開封済みのドッグフード、犬用品はもちろん使用済みタオルや子ども用オムツなども受け付けていただきました。
保護犬施設への寄付は住所を公表していない団体がほとんどなので、寄付をするときには寄付したい団体に問い合わせて住所を確認する必要があります。
持ち込めないところに寄付する場合は送料の負担が必要です。

③リサイクル

一般的なところでいうと地域の古布回収などに出して工業用ウエス等にすることになると思います。
私は服としての機能を失っていない物をウエスにしてしまうことに抵抗がありましたので、アパレルショップの衣料品回収に持っていきました。
たくさんのアパレルで回収をしていますが、私はH&Mに持ち込むことにしています。
どんな袋でもいいので不要な服を入れてレジに持っていくと一袋につき「3000円以上のお買上げで、お好きな商品1点から500円割引」のクーポンがもらえます👏
クーポンには有効期限があるので、欲しいものがあるときに交換して利用するのがベストですね😀

④リメイク

残念ながら私は直線縫いしかできないので、ポーチくらいしか作れませんでした😅
たくさん必要なものでもないので私には向きませんでした…。
お裁縫が得意な方は大人の服を子ども服にリメイクしたり、子ども服をペットように服にリメイクしたりしているようです。
思い入れのある服などをリメイクしてもう一度使うことができるようにするのはステキなことですね👍

⑤フリマプリで売る

子どものサイズアウトしてしまった服や、まだまだ着ることはできるけど「なんか違うなぁ…」と思い始めた服などをフリマアプリで売ってみました。
出品したときはテレビのCMのように「数分に一個売れたらどうしよう💦」「入れ食いなんでしょ😀」なんて思っていました。

出品直後:特に動きなし
2日後:湖畔のような静けさ
10日後:一つ売れる😊

その後もいくつか売れましたが全くもってCMように飛ぶように売れることもなく、出品や発送の準備・商品の保管スペース等を考えるとこちらも私の断捨離のスピードに合わず今ではもうアカウントを削除しようかと思っています。

⑥何とか使い切る

多少ときめきを感じることができなくても、いままで存在を忘れていた物であってもその物の寿命が来るまでしっかりと使い切ります。
服も靴もバッグも公園で子どもと思い切り遊ぶときに使ったりしています。
どうしても子どもと公園で遊ぶと汚れてしまうので、汚れることに気兼ねしなくていいというのはとても気が楽です😝
食器やいただきもののタオルなんかもたくさんありますが、子どもがいると割れたり傷む頻度が高いためこちらも気兼ねなくガシガシ使って寿命を全うして貰おうと思います。

 

 

いくつかの方法を紹介しましたが、私の断捨離の目標は今まだ使える物をどんどん焼却処分するのではなく、しっかりと使い切ることができるようにすることです。
本来は「1つ使い切ったら1つ買う」が理想なのですが、それでは自宅の物が減らないので「いくつか使い切ったら1つ買う」を意識したいと思います。

はたして物欲モンスターの私にそれができるのかどうかが怪しいですが…。
何とかがんばってみます…。

 

コメント

  1. […] […]