ラクマでのトラブルシューティング

ラクマでのトラブルシューティング 楽天
スポンサーリンク

ラクマ撤退をした私ですが、数少ない取引経験からいくつかの学びがありました。
もしラクマでなにかお困りなことがありましたら、私の経験のおすそ分けをいたしますので参考にしてみてください👍

プロラクマーになる前に撤退してしまったので、プロラクマーの方には当たり前の内容かもしれません。ですので、プロラクマーの方は子どもを見守るような優しい目でご覧いただければと思います😅

スポンサーリンク

検品不足のトラブル

2点セットで販売しているボトムスに購入申請がありました。
取引をすることに決め購入申請を承認する前に商品の最終検品をしていると、最初の検品では見つけられなかった穴をセットのうち1つに見つけました😱
私は購入申請を承認し(そうしないと購入者に自分からのメッセージを気づいてもらえないのです)、事の顛末と謝罪を伝え1点の単品販売に切り替え値段を半額でいかがでしょうかと提案しました。その際、支払いをしてしまうと話がややこしくなるので支払いはしないように伝えます。
すると購入者から、一点のみでよいと返事をいただきましたので再度検品をしました。するとどうでしょう…。またほつれがあったのです😱😱
発送する前で本当によかったです💦
本当に自分でもびっくりしました…。もうこれは謝り倒すしかありません。そして再度顛末と、不備が多くこのまま取引をしてお金をいただくわけにはいかないということを伝え取引自体をキャンセルさせていただきました。
相手の方からも「丁寧に検品していただきありがとうございました」とのお返事をいただき、大きな問題になることなく終了となりました。
購入申請を承認後のキャンセルは支払いがされないと一定期間後に自動的にキャンセルとなります。

ラクマでのトラブルシューティング

今回の事例での対応のポイントとしては、自分の否を認め即座に謝罪して取引を中止にしてもらったことです。ここで知らないフリをして発送していたら結果は違っていたかもしれませんし、商品情報と現状が違うので詐欺と言われてしまうかもしれません。

おまとめ対応

これはトラブルとは違いますが、出品したものをそのまま購入していただく訳ではありませんのでひと手間かかりました。
別々で出品していたAとBが欲しいのでおまとめで購入したいという申し出がありました。おまとめをすると送料の節約ができるというメリットがあります。なので、おまとめの依頼があったときは対応したいものです。
まず、AとBのセット価格を決めます。次にA、Bセットで新規出品するか、もしくはA、Bどちらかのページをセット販売に編集し直します。出品の際は必ず購入申請ありで出品してください。意図しない人に買われてしまうのを防ぐためです。
可能ならば写真を加工して「〇〇様専用」と書いてみたり、加工が難しければ紙に「おまとめ 〇〇様専用」なんて書いて写真を撮って出品の際の画像の一枚目に貼り付けてもいいかもしてません。
ここで注意なのがラクマ事務局としては専用出品を公式には推奨していないということです。ですので、「専用出品したのに購入されない!」というトラブルには対応してもらえません。もし期間内に購入されなかったら「そういう人と取引しなくてよかった」と割り切りましょう。

商品の詳細を確認したい

ラクマに出品されている商品で、異常に金額が高かったり「〇〇様確認用」等で出品されているものを見て不思議に思ったことはありませんか?
それは確認用出品という方法で取引相手に商品の状態を知らせているのです。

例えば先程の穴の件や、自分が購入したい時に商品の詳しいところを見たい時など、商品の細かいところを確認する際メッセージでは写真を貼り付けることができないので「確認用」として商品を出品し、写真を貼り付けることで相手に確認してもらうことができます。
詳しい商品情報を記載する必要はありませんが、購入者に伝えたい事があれば書き込みます。
出品の際間違って購入されないように、金額は高く設定し購入申請ありで出品しましょう。
必要なくなったら削除してしまってかまいません。

取り置きの相談があった時

まず、取り置きはラクマ事務局として公式に「取り置き」という機能はつけておらず、取引きは早いもの勝ちの原則なので「取り置きをしたのに買ってくれない」等のトラブルには対応してもらうことができません。そのときはこちらもやはり約束を守れない人と取引きしなくてよかったと諦めましょう。
取り置きのメリットはなかなか売れない商品が少し待てば売れるという見通しがたつことです。デメリットは取り置き期間中に売れる機会を逃してしまうことや、購入者を信じて待っていても購入されない可能性もあります。
総合的に考えて出品したばかりの商品を取り置きするメリットはありませんが、なかなか売れない商品であった場合は対応してあげてもいいかもしれないですね。
私が取り置き相談をされたときは

○月○日まで取り置きできますか。
お値下げは可能ですか。

取り置きはしておりません。
もし、その日まで残っていたら
お値段の相談をしましょう。

と回答しました。もう少し表現方法は柔らかくしましたが、内容はこんな感じですね😀

 

お値下げ交渉の断り方

断るのが苦手な人には結構困る事例ではないでしょうか😅?
値下げしたくないと思っているなら、まずはプロフィールや商品説明欄に「値下げ交渉ご遠慮ください」と書いておきましょう。
それでも交渉してくる人がいたら堂々と「申し訳ありませんが現時点では値下げは考えていないため、お値下げはできません。」とはっきり断りましょう。
あやふやにしたり、気をもたせるようなことを書くとトラブルの元です。

まとめ

顔の見えない相手との取引はどうしてもお互いに強気になってしまって、強い言葉を使ってしまったり自分さえよければと自己中心的な思考になったりしがちです。
しかし、顔が見えないからこそリアルでのコミュニケーション以上に気を使って対応しないと、すぐにトラブルに発展してしまいます。
「ありがとう」1つとっても、「(本当に)ありがとう😀」なのか「ありがとう(って言っときゃいいんでしょ)🤬」なのか判断するのは難しかったりします。言葉が足りず本当に伝えたいことが伝わらないのはもったいないので、大変ではありますが意思表示はしっかりとしつつ相手を気遣ってステキなラクマライフを送ってください。

 

コメント