都内で室内遊びのできる施設3選!

都内で室内遊びのできる施設 公園
スポンサーリンク

花粉の季節世のママたちいかがお過ごしでしょうか?
春休みとなると、毎日遊びに連れ出さないと子どもは家を破壊する勢いで暴れますよね😓
しかし花粉にやられて目と鼻が限界で、思うように外で遊ばせてあげられないママも多いのではないでしょうか?
1日遊べる室内遊戯場を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花粉の季節の自宅遊び

屋外遊び編

定番の公園を始め、近所をお散歩したり、ストライダーや自転車の練習したりして遊ぶことが多いと思います。
公園だと砂遊びしたりすると砂埃で、顔についている穴という穴から「限界です!!」という声が聞こえてきます😭
外遊びは花粉症ママの鬼門です。

室内遊び編

我が家で一番人気の室内遊びは、室内遊び用の砂遊びです。
公園で砂遊びが好きな子にはおすすめなんですが、後始末が大変なのであまり出しません😓(このお砂については別記事でまたまとめますね👍)
戸建てならまだしも、マンションに住んでいる近隣の方への迷惑を考えないといけないので、なかなか家の中で跳ね回るような遊びはさせてあげられません。

子どもが花粉症の場合

子ども自身も花粉症だったりすると、外で元気に発散したいけど辛くて思い切り遊べない→自宅で室内遊び→花粉で辛いうえに閉じこもってばかりでストレスがたまる&夜寝ない、の悪循環に陥ります😭
それでもやっぱり子どもには体をたくさん使って遊んで欲しいので、なんとかならないかといろいろ調べてみました。

アネビートリムパークお台場:お台場

基本情報

住所:東京都江東区青海1-3-15
アクセス:ゆりかもめ「青海」駅直結 他1路線利用可
駐車場:有(有料 料金はヴィーナスフォートの規定による)
料金:子ども 1000〜2500円/大人 500〜1500円

ヴィーナスフォートの1階にある大型室内遊技場です。
ここはゆりかもめの青海駅直結なのも嬉しいポイントです👍

おすすめポイント

かなりの広さと充実した遊具、そして非常にたくさんのイベントが用意されていて母子ともに飽きることなく遊べます。
大きく分けて2つのエリアがあり、はだしで遊ぶエリアと靴を履いたまま遊ぶエリアがあります。
はだしエリアには0歳から2歳くらいの子どもが遊べる専用スペースもあり、小さい子でも安心して遊ぶことができます。
たくさん体を動かすことが好きな子には大型のアスレチックやトランポリン、イベントでたくさん体を動かせば夜もぐっすり寝ることでしょう😁
他にも日替わりで色々なイベントが用意されていて、予約なしで当日受け付けをして参加することができます。
マンスリーパスの販売がありますので、毎日通っても飽きないような工夫がされています👍
手先を使った遊びが好きな子には、室内用の砂遊びや本格的なプレイハウスでのおままごとがおすすめです。他にも絵本コーナーには特大の「はらぺこあおむし」の本があったり、屋台ごっこや足こぎゴーカート等遊び始めたら時間はあっという間に過ぎてしまいます。
お腹が空いたらヴィーナスフォートでランチをしたり、遊び疲れたらショッピングをして帰っても楽しいですね😁
本当にたくさんの遊びができる施設で1日遊んでも飽きずに遊べます。

あそぼーの:後楽園

基本情報

住所 :東京都文京区後楽1-3-61
アクセス:JR「水道橋駅」東口
     都営地下鉄三田線「水道橋駅」A4出口
     東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口
     都営地下鉄大江戸線「春日駅」A1出口
駐車場:有(有料 4ヶ所ありそれぞれの駐車場毎に料金が異なる)
料金:子ども 930円〜1650円/大人 930円
 (注:2019年4月1日より、子ども950円〜1750円/大人950円に価格改定予定)

東京ドームシティのアトラクションズエリアにある室内遊戯場です。
春休みや夏休み等の長期休暇の際は特定期間として、フリーパスの設定がなく時間制の利用のみになりますので、事前にホームページを見てから予定を立てましょう。
また、期間外であっても混雑状況によりフリーパスの販売が中止になることがありますので、フリーパス狙いの方は早目に入館した方がいいかもしれませんね。

おすすめポイント

5ヶ所のエリアに分かれていて、子どもたちは思い思いの遊びをしています。
一番人気はボールプールです。ボールプールに伸びているすべり台をすべったり、くるくる回る遊具に乗ったり楽しそうです。
我が子はトランポリンでピョンピョン飛び跳ねるのがお気に入りです。あそぼーののトランポリンは空気で膨らませたフワフワでクッション性の高いトランポリンで、トランポリンの周りもクッションの壁で囲まれているので安心です。
男の子に人気なのはやっぱりトミカです。自宅でもできそうな遊びですが、とても広いスペースを使ってダイナミックに線路を引くことができるのでみんな夢中になって遊んでいます👍
そして女の子に人気なのはおままごとですね!お料理に必要な材料を買うお買い物ごっこから、お料理してテーブルに座ってお食事をいただくまでの全ての工程をなぞることができます。
お人形を乗せたベビーカーを押していたり、ショッピングカートを押してお買い物をしている子を見ると「普段ママのことしっかり見てるんだなぁ」とほっこりした気持ちになったり、我が身を振り返ったりしますね😓

チームラボプラネッツ:豊洲

基本情報

住所:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
アクセス:ゆりかもめ「新豊洲駅」徒歩1分
駐車場:無(平日のみ「ららぽーと豊洲」の駐車券提示で1時間分の駐車サービス
    券プレゼントあり)
料金:4〜12歳800円/中高生1500円/大学専門学生2200円/18歳〜2700円

はだしになって光や音楽や水や鏡などで作られた作品の中に入っていって、全身で作品を感じるようなしかけの施設です。

おすすめポイント

子どもの五感が刺激されたようで、本当に楽しそうに遊んでいました。
特に大きな風船が部屋中に詰め込まれていて、光と風で風船を照らしたり巻き上げているフロアがお気に入りでした。
床と天井が全面鏡張りのフロアではどこまでも続く深い崖のように見えて「落っこちちゃうよ(笑)」なんて言ってみたら、怖くて進めなくなってしまったりしてちょっと意地悪してしまったけど可愛かったです😍
水のエリアが終わる毎にタオルを貸していただけるので、足拭き用のタオルは用意しなくても大丈夫です👍

子連れで行くには少し注意点があります。
まず、カップルの割合が高いためいいムードになっているのを横目に進まないといけないこともあります。
また、水を使うエリアの一部で子どもは抱っこをしないと入れないところがあります。
そしてこれは子どもがいなくても注意したいのですが、水深が大人の膝下位あるのでボトムスはハーフパンツか捲り上げやすいものを選ぶといいでしょう。更衣室もあるので自宅から持っていって着替えてもいいでしょう。
最後に事前にチケットを購入しておいた方がいいです。
当日券は特に週末ですと売り切れている可能性が高いですし、入場前に長時間並ぶと疲れてしまいますからね。

最後に

花粉の季節も梅雨の時期も、子どもがいるとどうしても自宅に引きこもってばかりもいられないですよね。
そんな時は室内でたくさん体を動かせるところへお出かけして、親子で気分転換しないとやってられないこともあります。
どんなに仲良し親子でも24時間片時も離れず二人きりでいると、イライラしたり気持ちがガサガサになったりしてしまいます。
そんな時は近所の児童館でもいいし、今回ご紹介したところへ少しプレミア感のあるお出かけをして遊んで見てくださいね😁

コメント