PTA役員はやるべきか?

入学式 ママのこと
スポンサーリンク

4月。
入園・入学・進級おめでとうございます。

新学期、皆さま花粉症の季節いかがお過ごしでしょうか。
悪名高き役員決めの季節がやってまいりましたね…。
PTA活動には地域差や、同じ地域でも園や学校によって運営方法が違うので、画一的なことは言えないのですが、一般的な内容でまとめていきたいと思います。
今回は、役員決めの駆け引きや、役員に任命されて戸惑っている方に送る記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

PTA役員ってなに?

PTAとは、保護者(Parent)と教職員(teacher)で組織(Association)された団体です。
その目的は、子どもたちの健やかな成長のため保護者と教職員、必要に応じて地域社会や関係する機関等が協力してさまざまな活動をしていく組織です。
そしてPTA会員になることができるのは、保護者と教職員であり、園児・児童・生徒は含まれません。
仕事内容は所属している園や学校によって若干の違いがありますが、大まかには園行事のお手伝いや、園や学校と保護者との連絡調整、PTA主催のイベントがあれば企画運営も行います。
簡単に言えば、子どもたちが実り多く園生活・学校生活を送れるよう協力することがPTAの仕事です。

役員はどうやって決めるの?

これも地域差やそれぞれの園・学校毎の特色があります。
例えば、立候補制、くじ引き制、指名制がメジャーなところでしょうか。
いずれの方法を取るにしても、役員を決める際のメジャールールとして
・子ども一人に対して在籍中一回役員を経験しなくていけない。
・兄弟が同じ園や学校にいる場合、同じ年度に複数の子どもの名義での役員を引き受けることはできない。
というものがあります。

役員を引き受けることを拒否することはできないの?

任意での入会、ボランティアで役員を引き受けるという前提を踏まえると拒否することは可能です。
しかし、任意での入会も実際には入会しない人の方が少なくほとんどのご家庭が入会しますし、役員もみんなで持ち回りで請け負うことを考えると拒否することによって失うものも多いと思います。
拒否すると、他のママたちからの冷たい視線や、それに伴って子どもに不利益が生じることだって考えられます。
ただ、たとえば妊娠中であったり、病気療養中であったりした場合その年度は回避することが可能な場合が多いです。
妊娠が終了したり、病気が軽快したら役員選定の土俵に上がらないといけません。
つまり役員を引き受けないと拒否することはできないと思ったほうがいいです。
また、役員を引き受けることで園や学校に行くことが多くなり、普段は見れない子どもの生活を見ることができますし、園や学校について色々知ることができるので悪いことばかりではありませんよ!
そうは言ってもお仕事してたり、兄弟がまだ小さかったりして時間を取られたくない方もたくさんいらっしゃるでしょう。
では、どうしたら負担が少なく「PTA役員をやった」という実績を作ることができるのか考えてみましょう。

役員を引き受けるタイミングはいつがいいの?

これは非常に難しい問題です。
各個人の事情や、価値観によって違ってきます。
まずはメリット・デメリットを比べてみましょう。

低学年で役員を引き受けるメリット

・基本的に「〇〇長」のような重役を担う可能性が低い
・高学年の役員さんが色々と仕切ってくれるのでついていけばいい
・子ども一人につき一回ルールの場合早めに済ませておけば気持ちが楽
・最高学年で役員になったときに、謝恩会などの卒業に関連する行事が増えるので回避することができる
・保護者や先生とコミュニケーションを取る機会が多く仲良くなりやすい
・園や学校について知ることができる

低学年で役員を引き受けるデメリット

・園や学校のことについて知らないことも多いため、戸惑うことがあるかもしれない
・きょうだいに未就学児がいる可能性が高く、子どもを連れて会議や行事に参加しないといけない
・保護者同士知らない人も多く、人見知りの人には少しつらいかも
・主体的に役員の仕事に関わりたい場合物足りない

高学年で役員を引き受けるメリット

・園、学校生活にも慣れ、活動の内容を把握しやすい
・保護者や先生とも関係性が出来てきていて活動しやすい
・主体的に活動することが多く積極的に関わることができる
・仲のいいママと相談して一緒に役員に立候補することができる

高学年で役員を引き受けるデメリット

・「〇〇長」という役職を当てられやすい
・卒業に関する仕事と並行していかなくてはいけない場合もある
・受験をする際、非常に煩雑になる
・仲良しママと役員をやってみたら「あれ?」と思うことがあり関係がギクシャクすることがある

こんなところでしょうか?
一人っ子のご家庭と小さいきょうだいがいるご家庭では条件が違いますし、主体的に関わりたいか否かでも変わってきます。

役員を引き受けたときの心構え

うっかり役員になってしまった人も、目的意識を持って意欲高く役員を引き受けた人も、引き受けたからには同じ熱量で活動に関わることが理想です。
そうは言っても、理想通りにはいかないものです。
必要なのは活動のルールを確認しておくことです。
一般的に「できる人が、できる時に、できる事をする」が基本ルールのとこが多いようです。
しかし、その年度の方針として全員に主体性を求めてくることもあるかもしれません。
そんなときは、無理をせず自分のできることとできないことを話しておくと良いでしょう。
一年だけとはいえ、できれば楽しく無理せず活動したいですもんね。
PTAというと特別な関係のような気がしてしまいますが、意見を押し通したり、去年までのやり方をゴリ押ししたり、「専業主婦は時間がある」と思い込んで仕事を多く割り振ったり…。普通の人間関係で気をつけることを気をつけていけば問題ないでしょう。

まとめ

色々と書いてきましたが、私は子どもが小さいのは今のうちだけで、PTAをやることによってかけがえのない我が子の子ども時代を子どもと共有し、一緒に思い出を作ることができるので悪いことばかりではないなと感じました。
みなさんも無理のない範囲でPTA活動を楽しんでみてくださいね!

コメント